UCLA Anderson MBA留学記 

MBAのこと、LA生活や趣味のこと、地元山陰のことetc

アメリカプロ野球独立リーグでプレーする宮寺さんと会食

 長い夏休みがもうすぐ終わります。私費留学の友人たちがこの3か月間しっかりとインターンをしていたことを考えると、私ののんびりした休暇が恥ずかしい位です。この年齢になって100日も休みが貰えるのは中々無い事ですが、MBA留学の醍醐味を経験できないのは悔しくもあります。

続きを読む

後田亨 『生命保険のウラ側』 朝日新聞出版

 今回はお金の話になります。お金の話って大体の人が嫌いますね。でも、すごく重要だと思います。「人生お金がすべてじゃない」とか「重要なのは金じゃない」って言いますけど、お金に困っていない人や、有り余るほどの資産を手に入れたからこそそう言えるんじゃないでしょうか?生活に困る人にとってはもはやお金が全てですし、基本的にだれにとってもお金は重要です。お金は人生の全てじゃないかもしれないですけど、確実に人生の軸はお金です。

 

 だから、生きるうえでお金に関する知識は誰しもが身につけておくべきことだと思います。でも、そんな大事な事なのに、教えてくれる人って中々いませんよね。学校では教えてくれませんし、家族内でも少しためらいがちで話題に上ることは少ないと思います。そうなると、自分で知識をつけていくしかないわけです。知識が無いと、白沼にどんどん搾取されていきます。それを周りのせいにすることも可能でしょうが、知らんぷりしていた自分にももちろん責任があると思います。だから、少しずつでもいいから自分でお金のことを勉強していくべき、私はそう思います。

 

 

 一般的な人にとって、人生で1番高い買い物は家だと言われています。では、2番目は?これは生活スタイルによって変わるようですが、車の購入・維持費や養育・教育費、保険などが上位に入ります。今回は、その保険についての本です。

 

生命保険のウラ側 (朝日新書)

生命保険のウラ側 (朝日新書)

 

 

 この本では、一般的な家庭における年間の保険料は約45万円と紹介されています。10年で450万円、30歳から定年まで30年間払い続けると1,350万円になります。これをはした金と思える位収入があるのであれば気にしなくてもいいのですが、普通は大金だと思いますよね。

 

 しかしながら、本当にこれだけの金額を払い込む価値があるのかと問われれば、皆答えられないのではないでしょうか?保険って仕組みが複雑で、皆商品性が良く分からぬまま人気があるものに加入している印象です。理解しようとしても複雑で面倒だし、とりあえず人気があるものに加入しておけば間違いないだろうという感じで、結果的に多額の手数料を支払ってしまっているのではないでしょうか。

 

 本書では、複雑な保険の仕組みをすべて理解する必要は無く、自分が理解できる者だけを利用すればよいとしています。そのうえで、

 

・保険は掛け捨てでいい

・できるだけシンプルなプランに加入する

 

という事が繰り返し強調されています。

 

  そもそも、保険はなぜ必要なのでしょうか?それは、不慮の事故がおきて貯蓄ではカバーする事ができないような多額の出費に対応する為です。

 

 まず一つ目は死亡の場合です。家族がいる場合、残された家族の生活の為にまとまったお金が必要です。ただし、だからと言ってやみくもに保証が厚いものに入ればよいというわけではありません。住宅ローンが残っている場合、残債については団体信用生命保険でカバーされます(連帯債務の場合は自己負担分のみ)し、遺族基礎年金が子供が18歳になるまで年102万円、年収600万円の人の場合遺族厚生年金が年額61.5万円支給されます。よって、それでも不足する部分について保険でカバーできればよいという事になります。

 

 二つ目はケガや病気による医療費です。こちらも高額療養費制度というものがあって、一定額以上の支払いについては健康保険が負担してくれます。

 

www.mhlw.go.jp

 

 上記サイトの資料によれば、例えば平成29年8月から平成30年7月診療分までの場合、69歳以下、年収330~770万円の人であれば、たとえ医療費がひと月100万円かかったとしても、自己負担分はひと月87,430円で済みます。

 

 そうすると、医療保険に入る必要性が本当にあるだろうか?ある程度貯蓄があれば医療保険はいらないのではないか?と考える人も増えるでしょう。

 

 

 節約のためにビールを発泡酒にしてみたところで、たとえ毎日350mlを1本飲むとしても年間節約できる金額は3~4万円ほどです。保険であれば、現在加入しているものを見直すことで毎年10万円以上節約する事も十分可能です。節約を考えるのであれば、やはり支出額が大きいところから検討すべきです。

 

 

 本書は保険について詳しくない人でもわかるように比較的簡潔に書かれており読みやすいです。是非一度読んでおくべき本だと思います。

GMAT Math の対策本 『GMAT Math オリジナル日本語解説通信講座テキスト』 

 GMATの勉強をしていた頃から、早1年半になります。今思い返してみても、GMATの勉強が一番きつかったですね。

 

 普通時間割いて勉強すれば点数は上がっていくものだと思います。定期的にランニングしてればマラソンのタイムは良くなりますし、毎日素振りしたら少しは打てるようになるはずです(少なくともスウィングスピードは上がります)。やれば上達するという当たり前の事が通用しなかったのがこのGMATでした。

 

 GMATはVerbalとMathの2セクションがあって、この2つの試験の組み合わせで点数がはじき出されます。特にVerbalは今まで受けてきた英語の試験の中でダントツに難しかったと思います。まあ、ネイティブスピーカーが受ける事を前提として作られているので当然だと言えば当然なのですが。もはや「英語の試験」というよりは「英語で試験」ですね。

 

 帰国子女とか、英語が母国語だとかいう人達はそれほど苦労しないのでしょうが、私みたいなずっと日本で生きてきた人間にとっては本当に苦しい試験です。

 

 となると、やはり日本人にとって難易度が低めなMathで高得点を取っておくというのが王道の戦略となります。GMATの試験は800点満点ですが、日本人が有名校を目指すなら700点が1つの目標となります。700点取る為には受験者の上位10%に入らないといけません(日本人受験者の上位10%では無くて、世界中の受験者の上位10%です)。上位10%に入る為には、Verbalで高得点を取るのが難しい日本人はMathでほぼ満点を取る事が必須となります。

 

 ある程度勉強時間を捻出して取り組めば、高得点を取るのはそれほど難しい事ではないと思います。ただ、ほとんどの受験者は仕事と並行して受験準備を進めるので、効率が非常に大事になります。MBA留学に来ている日本人学生と受験勉強について話していて共感するのは、「MBA受験は時間との戦い」であるという事です。

 

 受験準備に時間がかかってしまう原因の一つが、日本語のテキストが殆どなく、英語のテキストで勉強せざるを得ないという事だと思います。「英語の方が早く読めるぜ」とか、「英語の方がすんなり頭に入ってくるよ」という方には分からないかもしれませんが、普通は私と同じように英語だと読むのが遅くなり、理解するのも時間がかかるはずです。

 

 私が受験勉強していた頃はGMATのMathの日本語テキストはマスアカだけだったと思うのですが、新しい日本語テキストが出ていますね。

 

f:id:toshihisa1527:20170727232718j:plain

 

『GMAT Math オリジナル日本語解説通信講座テキスト』

www.jmath.shop

 

 GMAT Official Guideの問題が題材となっていますが、単なる翻訳本では無く独自の解説によるテキストでした。公式問題集は解説がちょっと物足りない感じがしますが、こちらは図が多用してあって、私みたいな数学の知識が怪しい人間には分かりやすいです。時間と闘う受験生にとって日本語のテキストが充実していくのは頼もしい事ですね。

 

 勿論本番は英語で受けなければいけないので、英語のテキストに取り組む必要が有ります。また、最近はGMATのMathパートの問題は難化傾向にあるので、別途英語のテキストか何かで難易度が高い問題の対策をする必要があると思います。それでも、短期間に基礎を身につけるなら、やはり日本語のテキストがベストです。英語で引っかかるとストレスになって集中力にも影響がありますし、単語を調べないといけないってのも積み重なると負担ですからね。

 

 

 もう一つ時間に絡めて話をしておくと、GMATは試験も時間との戦いです。Verbalは時間が足りたことがありません。確実に時間が足りなくなります。長文をバンバン読み飛ばしても全く足りません。

 

 Mathに関しても、数学によほど自信がある人でない限り時間的余裕はないはずです。75分間で37問、1問あたり2分足らずで解き進めていかなくてはいけませんので、解き方にも工夫が必要です。GMAT Official Guideの解説は真正面から解き進める形で基本に充実なので、場合によっては答えを導き出すまでに結構時間がかかります。時間短縮の方法もあったりするので参考になります。

 

 

 

 受験生の皆さんはまだTOEFL勉強中かも知れませんね。だんだんと焦りとストレスが溜まってくる時期かと思いますが、頑張ってください!

 

 私のGMAT勉強法や使用テキストについてはこちらの記事をどうぞ。

toshihisa1527.hatenablog.com

 

 

toshihisa1527.hatenablog.com