読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TOEFL初受験

   今日は初めてTOEFLを受けた。場所は浅草のデュアルカレッジ。予約後に知ったのだが、TOEFL試験は受験場所によって環境がピンきりとの事。運が悪いと他の受験生と向かい合う形になり、目があって気まずい思いをする事もあるという…。ドキドキしながら会場に着くと、幸いにも向かい合って座る必要は無し(かといって個室でも無いので他の受験者の声が聞こえるが…)。

   結果から言うと、今回の試験は完全に失敗。要因は主に以下3つ。

①そもそも初受験なので、画面の操作方法が今一つ分からなかった事。

②リスニングの問題数と解答時間を勘違いしていた事。

③スピーキングの1問目で、滅多に出題されないネガティヴ問題が出た事。

 

   まず①については画面の操作方法、特に次の画面への進め方が分からず無駄な時間を使ってしまった。まあ、これは大した問題では無い。

   次に②について。過去問題集を繰り返し解いていたが、リスニングは大問6題であった為、本番も同様と思い込んでいた。また、解答時間に制限があるのだが、画面に10分と表示されていた為、全6題に対して解答時間が10分しか無いと思い込んでいた。これは試験前の注意事項を読んでいなかった自分が悪い。

   最後に③について。TOEFL試験のスピーキング第1問目は、たいていの場合ポジティブな内容について答える問題であり、ネガティヴ問題は10回受けて1回出くわすかどうかの珍しい問題である。ポジティブ問題に対してはどんな質問であってもこの話題に繋げようと決めているテンプレートがあったが、ネガティヴ問題に関してはノータッチ。まあ、根本的な英語力に不足があるという事。

   とりあえずは結果を待つしかないが、ダメなら次回頑張るだけである。次の試験は7月11日。

   

   試験後は大学の野球部同期、後輩と久しぶりに再会。皆順調に肥えていた。