読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TOEFLスコアカウンセリング

TOEFL

   いよいよ明後日、3度目のTOEFL受験。受験に先立って、昨日はイフ学院の学院長のカウンセリングを受けた(TOEFL対策の講座を受講していると、無料でスコア向上の為のカウンセリングを受ける事が出来る)。

   話の中心はwriting integrated 。今の自分の実力なら、ここがgood判定になって良いはず。何かおかしなミスをしているのでは?との事。前回のテスト内容を必死に思い出しつつ説明したところ、挿入句の使い方がおかしいのでは?とあり。私の記憶が確かなら、その挿入句は講義の中で使ったほうが良いと指導を受けたはずなのだが…(笑)まあ、明後日の試験でやり方を変えてみて様子を見る事にしよう。

   

   MBAの1stラウンドの出願が9月末から始まるが、まだGMATは手をつけたばかり、エッセイの準備までを考慮するとギリギリかな、という印象。2ndラウンドに標準を絞るべきか、無理してでも1stラウンドで出願してみるか悩むところ。2ndラウンドで本命に出願する事を目標とすると、場慣れする為にも1stラウンドでは何処かに出願したほうが良さそうだ。

   そう考えると、ここらでTOEFLに一区切りつけたいので、明後日は大事な試験である。気負う必要は無いが、万全の状態で臨みたい。

 

   因みに、時間的に余裕のある人はTOEFLの勉強をする年と出願する年を分けた方がいいと思う。全てを同じ年に行うと、時間的にも精神的にも(メンタル面の方がキツい)切羽詰まる。