UCLA Anderson MBA留学記 

MBAのこと、LA生活や趣味のこと、地元山陰のことetc

World MBA Tour

 つい先程まで、恵比寿で開催されていたMBAフェアに参加していた。年に数回東京や大阪で開催されているイベントで、世界各国のビジネススクールの採用担当や卒業生と直接話をすることが出来る。因みに参加料は無料。

 実際にキャンパスを訪ねて大学の雰囲気を感じたり、現役学生と交流したり出来れば一番良いが、時間的にも金銭的にもそうやすやすと行けるものでは無い。よってこの様に各大学の情報をまとめて得られる機会は有難い。
 
 ヨーロッパ、アジアのビジネススクールも多く参加していたが、私はアメリカという制約があるのでヴァンダービルド、ワシントン(オーリン)、ピッツバーグ、メリーランドの担当者と交流した。悔やまれるのは、あまりビジネススクールについて詳しく調べずにかるいノリで参加した事。質問したい事が雑だと、会話も表面的になってしまう。
 
 一番の収穫は、ヴァンダービルドの卒業生からプログラムについて多くの情報を聞けた事。特にリーダーシッププログラムに魅力を感じた。現在の企業において特異な人材になるという事を念頭に置いた場合、リーダーシップ、あるいは周りへの影響力というものが不可欠と感じている。そして、その力が不足しているという実感もある。ビジネスについて素養を身につけるのは大前提として、その上でリーダーシップについて学びたいのだ。
 私の勤める企業からの派遣生は、ファイナンスに強みのあるビジネススクールでファイナンスを専攻している様だ(特にここ数年は)。然しながら私の場合、謙遜でも何でもなくファイナンスに特化してその道のプロになるほどの頭脳があるとは思えない。そしてそれを望んでもいない。
 多様な文化の中で見地を広げ、人を動かす影響力を学ぶ。これを軸に考えるとヴァンダービルドは魅力的だと思う。懸念材料としては、日本からのアクセスが悪いことか…
 
 明日はイフにて出願校の相談をする予定。今月いっぱいに出願校を一通り絞り、エッセイ等の作成を進める。
 
 
 ついでになるが、先日受験したGMATのAWAは5.0と前回よりも向上していた。あと、VERBALは20では無く21であった。
Math:51 Verbal:21 計610点