読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山陰散策(松江城、出雲大社、宍道湖)

渡米前の挨拶等の為、先週末から鳥取の実家に帰っていた。今、東京に戻るサンライズ出雲の中でこの記事を書いている。

f:id:toshihisa1527:20160412201834j:image

因みに、夜行列車に乗るのは初めて。「ノビノビ座席」という名の、余りノビノビ出来ない席を利用している。まあ、安さに惹かれて個室でないところを選んだのだから仕方がない。

周りには外国人観光客や、女性の姿も多い。早めに席の予約をしないと満席になるようで、結構な人気である。


この数日間で、ずいぶんと沢山の人に会う事が出来た。昨年春まで実家に暮らしていたが、こんなに多くの人に会う事は無かったと思う。

近くにいて何時でも会えると思うと、後回しになってあまり会わない。次いつ会えるかわからないような人の方が、案外頻繁に会っていたりする。

とにかく、日本を離れる前に挨拶が出来て良かった。

 

実家にいる間に、山陰各地を散策してみた。地元の観光地は、人と同じく何時でも行けると思っていかないもの。普段気にかけないものをまじまじと見て周る機会は有意義だ。

f:id:toshihisa1527:20160402133624j:plain

松江城はちょうど桜が満開。

東京都内の桜の名所も何箇所か巡ったが、どこも人でごった返して窮屈だった。桜自体は綺麗なのに、桜を見ているのか人を見ているのか分からないような状態で趣に欠ける。本当に桜を満喫したいのなら、人が少ない方が良い。

f:id:toshihisa1527:20160402124404j:plain

f:id:toshihisa1527:20160402170531j:plain

これは島根半島から日本海を望む桜並木の街道。桜はかなり古くなっていて花びらが少ないが、バックの風景と共に眺める桜は中々趣がある。


f:id:toshihisa1527:20160408154117j:plain

少し遠出して出雲大社にも。

f:id:toshihisa1527:20160408153921j:plain

本殿に続く参道はかなり長い。この坂を下った後、更に松の並木も超えて行く。

f:id:toshihisa1527:20160408153957j:plain

これは、先ほどの写真の反対側。平野には高い建物が無く、かなり遠くまで見渡せる。

f:id:toshihisa1527:20160408145423j:plain

これが松の並木。

f:id:toshihisa1527:20160408145904j:plain

鳥居の奥に見えるのは仮殿。

f:id:toshihisa1527:20160408150129j:plain

仮殿とはいえ、中々の貫禄。

f:id:toshihisa1527:20160408150501j:plain

屋根の上にちょっと見えているのが、本殿の先っちょのやつ(名称が分からない)。

f:id:toshihisa1527:20160408151428j:plain

本殿の裏側までぐるっと周ると、ウサギと一緒に本殿全体を見る事が出来る。

f:id:toshihisa1527:20160408151612j:plain

敷地内の各所に、こんなウサギの置物が。

f:id:toshihisa1527:20160408161808j:plain

出雲大社の東側には、古い街並みが残る通りがあった。

f:id:toshihisa1527:20160408161657j:plain


f:id:toshihisa1527:20160408182523j:plain

これは宍道湖の夕日。