UCLA Anderson MBA留学記 

MBAのこと、LA生活や趣味のこと、地元山陰のことetc

英語メモ① 略語

 日々新しい英語に触れるのですが、さらっと流して忘れてしまう事も多いです。折角なので、ブログにメモとして残しておきたいと思います。第一回は略語。

 日本では若者を中心に略語がたくさん使われていますが、アメリカも一緒です。長ったらしいフレーズを使うのが嫌いなようで、略せるものは何でも略してしまおうとしているのではないかと感じます。

 

 略語なんて学校では全く教えてもらわなかったと思います。ASAPとかLOLくらいは知っていましたが。アメリカに来てから毎日のように目にするのに、これまで全く知らなかったのが以下の2つです。

 

⑴FYI

TBD

 

 FYIを始めてみたのは、車の個人売買の為にアメリカ人と連絡を取り合ったときでした。数行の文章の最後に「Just FYI, on top of the price I gave you you'll have to pay a sales tax about 10%」とあって、何だこれ?ってなりました。

 これ、"for your information" の事でした。「参考までに」って感じですね。MBAの学生同士のグループ会話やメールのやり取りでしょっちゅう目にします。

 

 次はTBD。こちらではGroupmeという携帯アプリで連絡を取り合うことが多いのですが(LINEみたいな感じのアプリです)、MBAのセクションの飲み会イベントが作られた時に開催場所がTBDとなっていたんです。

 いつものようにグーグルマップで検索したんですが、工具屋?みたいな店しかヒットしなくておかしいなと思っていたんです。で、グーグルで検索してみたら、”To be determined" って出てきてそういうことか!と一人で納得してしまいました。「未定」って事なんですね。

 ネットでスポーツイベントを調べていると、よく「Time-TBD」とか「Location-TBD」とか表示されています。

 

 日本で習う受験用英語は、実際に現地で使う英語と結構違います。