UCLA Anderson MBA留学記 

MBAのこと、LA生活や趣味のこと、地元山陰のことetc

後田亨 『生命保険のウラ側』 朝日新聞出版

 今回はお金の話になります。お金の話って大体の人が嫌いますね。でも、すごく重要だと思います。「人生お金がすべてじゃない」とか「重要なのは金じゃない」って言いますけど、お金に困っていない人や、有り余るほどの資産を手に入れたからこそそう言えるんじゃないでしょうか?生活に困る人にとってはもはやお金が全てですし、基本的にだれにとってもお金は重要です。お金は人生の全てじゃないかもしれないですけど、確実に人生の軸はお金です。

 

 だから、生きるうえでお金に関する知識は誰しもが身につけておくべきことだと思います。でも、そんな大事な事なのに、教えてくれる人って中々いませんよね。学校では教えてくれませんし、家族内でも少しためらいがちで話題に上ることは少ないと思います。そうなると、自分で知識をつけていくしかないわけです。知識が無いと、白沼にどんどん搾取されていきます。それを周りのせいにすることも可能でしょうが、知らんぷりしていた自分にももちろん責任があると思います。だから、少しずつでもいいから自分でお金のことを勉強していくべき、私はそう思います。

 

 

 一般的な人にとって、人生で1番高い買い物は家だと言われています。では、2番目は?これは生活スタイルによって変わるようですが、車の購入・維持費や養育・教育費、保険などが上位に入ります。今回は、その保険についての本です。

 

生命保険のウラ側 (朝日新書)

生命保険のウラ側 (朝日新書)

 

 

 この本では、一般的な家庭における年間の保険料は約45万円と紹介されています。10年で450万円、30歳から定年まで30年間払い続けると1,350万円になります。これをはした金と思える位収入があるのであれば気にしなくてもいいのですが、普通は大金だと思いますよね。

 

 しかしながら、本当にこれだけの金額を払い込む価値があるのかと問われれば、皆答えられないのではないでしょうか?保険って仕組みが複雑で、皆商品性が良く分からぬまま人気があるものに加入している印象です。理解しようとしても複雑で面倒だし、とりあえず人気があるものに加入しておけば間違いないだろうという感じで、結果的に多額の手数料を支払ってしまっているのではないでしょうか。

 

 本書では、複雑な保険の仕組みをすべて理解する必要は無く、自分が理解できる者だけを利用すればよいとしています。そのうえで、

 

・保険は掛け捨てでいい

・できるだけシンプルなプランに加入する

 

という事が繰り返し強調されています。

 

  そもそも、保険はなぜ必要なのでしょうか?それは、不慮の事故がおきて貯蓄ではカバーする事ができないような多額の出費に対応する為です。

 

 まず一つ目は死亡の場合です。家族がいる場合、残された家族の生活の為にまとまったお金が必要です。ただし、だからと言ってやみくもに保証が厚いものに入ればよいというわけではありません。住宅ローンが残っている場合、残債については団体信用生命保険でカバーされます(連帯債務の場合は自己負担分のみ)し、遺族基礎年金が子供が18歳になるまで年102万円、年収600万円の人の場合遺族厚生年金が年額61.5万円支給されます。よって、それでも不足する部分について保険でカバーできればよいという事になります。

 

 二つ目はケガや病気による医療費です。こちらも高額療養費制度というものがあって、一定額以上の支払いについては健康保険が負担してくれます。

 

www.mhlw.go.jp

 

 上記サイトの資料によれば、例えば平成29年8月から平成30年7月診療分までの場合、69歳以下、年収330~770万円の人であれば、たとえ医療費がひと月100万円かかったとしても、自己負担分はひと月87,430円で済みます。

 

 そうすると、医療保険に入る必要性が本当にあるだろうか?ある程度貯蓄があれば医療保険はいらないのではないか?と考える人も増えるでしょう。

 

 

 節約のためにビールを発泡酒にしてみたところで、たとえ毎日350mlを1本飲むとしても年間節約できる金額は3~4万円ほどです。保険であれば、現在加入しているものを見直すことで毎年10万円以上節約する事も十分可能です。節約を考えるのであれば、やはり支出額が大きいところから検討すべきです。

 

 

 本書は保険について詳しくない人でもわかるように比較的簡潔に書かれており読みやすいです。是非一度読んでおくべき本だと思います。