UCLA Anderson MBA留学記 

MBAのこと、LA生活や趣味のこと、地元山陰のことetc

南米旅行 ②チリ(イースター島)

ペルーのクスコからチリのイースター島までは、クスコ→リマ、リマ→サンティアゴサンティアゴイースター島と飛行機を2回乗り継いでいきます。

 

クスコのホテルを朝の6時過ぎに出て、イースター島に着いたのは夜の11時前でした。

 

イースター島行の飛行機はほぼ満席でしたが、半数以上はイースター島経由でタヒチに向かっていました。

 

 

日本人にとっては圧倒的にイースター島の方が有名ですが、観光地としてはタヒチの方が人気が高いようです。

 

イースター島観光においても、入場券を買わなければなりません。アンコールワット同様、こちらも大幅に値上げされていました。

 

以前は$50~60だったようですが、今は$80です。

 

また、チリは基本的に物価が高いです。本土から遠く離れた離島なので仕方がありません。

 

f:id:toshihisa1527:20170912105456j:plain

到着翌朝から観光開始です。

 

移動はレンタカー、レンタルバイク、レンタル自転車位しかありません。タクシーも少しはあるようですが。

 

イースター島は天候の移り変わりが激しく、一日の中で何度も雨が降ったり陽が差したりしました。

 

また、常に風が強く、山の上は台風並みの風が吹き荒れています。

 

f:id:toshihisa1527:20170912114616j:plain

モアイ像にそっくりだと好評の私の顔。

 

近くでみると、モアイ像はかなり大きいです。

 

削り出すのはもちろんの事、採掘場から何キロも運ぶのにも相当な労力を必要とするでしょう。

 

確か、どうやって運んだのか今でもはっきりわかっていなはずです。

f:id:toshihisa1527:20170912132928j:plain

昼は島で人気のカフェにてエンパナーダと言うものを食べました。

 

中に入っているのはマグロとチーズです。

 

油まみれのチーズを食べているという感じです。

f:id:toshihisa1527:20170912192328j:plain

魚介類がおいしいとの事で、夜はレストランで白身魚を食べました。

 

見た事が無い魚でしたが、クセも無く美味しかったです。

 

海外で魚を食べて美味しいと思う事は、中々無いです。

f:id:toshihisa1527:20170912163225j:plain

島の南には火山活動で出来たクレーターがあります。直径1kmほどだったと思います。

f:id:toshihisa1527:20170912160444j:plain

f:id:toshihisa1527:20170913152323j:plain

また、島の北側には島で一番高い山があり、山頂まで歩いていく事ができます。

 

約1時間半、強風の中を歩き続けるので結構辛いですが、山頂からの眺めは綺麗でした。

f:id:toshihisa1527:20170913202615j:plain

夜には島で唯一の日本料理屋に行きました。

 

山口県で料理を学んだというチリ人の方が経営しています。

f:id:toshihisa1527:20170913205651j:plain

私は海鮮丼を頂きました。何故か丼の中に梅干しが入っています。

 

他には定食や丼、ラーメンなど一通りのメニューが揃っています。

 

面白いのが値段で、メインは全て同価格でした。この海鮮丼とラーメンが同じ価格(3,000円位)と言うのは、日本人には不思議な感覚です。

f:id:toshihisa1527:20170914080050j:plain

最終日の朝、ようやく朝焼けをバックにしたモアイを見る事ができました。

 

イースター島を後にして、友人と別ルートでブラジルのイグアスに向かいました。