UCLA Anderson MBA留学記 

MBAのこと、LA生活や趣味のこと、地元山陰のことetc

南米旅行 ③ブラジル、アルゼンチン(イグアスの滝)

イースター島を午後3時に発ち、イースターサンティアゴサンパウロ→イグアスと経由して翌日の午後6時に目的地のイグアスに着きました。

 

世界三大瀑布の一つイグアスは、ブラジル・アルゼンチンの国境にあります。

 

小さな町ですので、イグアスの滝を見るだけの為に行く感じです。

 

到着翌日は天気が良くなかった為、市内をブラブラ歩いて終わりました。

 

 

f:id:toshihisa1527:20170916125532j:plain

ブラジル・アルゼンチン・パラグアイの国境が接する場所です。

 

一応観光施設になっていて、入場に500円ほど取られます。

 

これと言って見るものも無いので、「へー」以外の感想はありません。

 

翌日は、イグアスの滝のアルゼンチン側から観光する事にしました。

 

ホテルからタクシーで40分ほど、途中国境で車から降りて入国審査を受けます。

 

 

f:id:toshihisa1527:20170917091519j:plain

イグアスの滝は規模が大きく、いくつもの滝が連なっていて全長は4㎞程あるようです。

 

アルゼンチン側には、「悪魔の喉笛」と呼ばれる有名な場所があります。

f:id:toshihisa1527:20170917092531j:plain

音を伝える事ができないのが残念ですが、轟音が響き渡っています。

 

さすがは水量が世界一と言われる滝です。

 

三大瀑布はナイアガラにも行ったことがありますが、スケールはイグアスの方が遥かに大きいですね。

f:id:toshihisa1527:20170917111942j:plain

公園内にはこの生物が沢山います。

 

歯が鋭く危険なようで、到る所に注意書きがあります。

 

f:id:toshihisa1527:20170917114538j:plain

早朝は曇っていましたが、次第に青空が出てきました。

 

 

f:id:toshihisa1527:20170917124242j:plain

ボートツアーがあり、写真後ろの滝の中に突っ込むことができます。

 

たらいの水をひっくり返したような感じで、全員ずぶ濡れです。

 

でもさすがはラテンの国、皆子供のようにはしゃいでいました。

f:id:toshihisa1527:20170917145711j:plain

こちらの写真はブラジル側です。

 

ブラジル側からは滝の大部分を一度に見渡すことができます。

 

写真奥の滝はアルゼンチン側です。

f:id:toshihisa1527:20170917153253j:plain

ひと夏で東南アジアと南米、文化が大きく異なる地域を旅して廻ったわけですが、日本やアメリカと違う世界を見る事ができて勉強になりました。

 

1つは、格差です。

 

一食数十円の屋台の食事をとる一般市民のすぐそばで、いっぱい1,000円、一食数千円から1万円を超える食事を楽しむ観光客や現地の富裕層。

 

先進国となんら変わらない立派な一軒家や高層マンションの近隣に広がるバラック小屋地帯。

 

4、5歳~10歳位の幼い子供たちが、家計を助ける為に平日の昼間から観光客相手にモノを売ったりする姿。

 

 

 

 もう1つは宗教です。

 

最近はそこまで宗教にこだわらない人も増えてきたと思いますが、それでも宗教が街や国家の形成において果たした役割は計り知れないと思います。

 

アジアにはお寺が、南米には教会が有名な観光スポットは大抵の場合その街一番の宗教施設なんですね。

 

古くから長きにわたって、宗教は人々の心のよりどころであり続けたのだなと。

 

 

 

 

大して多くの国を巡った事が無い人で、「やっぱり日本が一番良いよね」という人がいますが、たとえそう思っていたとしてもやはりいろんな国を見てみるのが良いと思います。

 

世界観が広がるという事もありますし、その人から放たれる言葉の重みが全く違うという事もあります。

 

全国各地のラーメン屋を巡った人に、「個々のラーメン屋が一番うまい」と言われると説得力があります。

 

こういう絶対的な経験値が高い人間から発せられる言葉なら、たとえラーメン以外の話でも信用したくなるでしょう。

 

逆に、1件のラーメン屋にしか言った事が無い人間に「この店のラーメンが一番うまい」と言われたらどうでしょうか?

 

「何だこいつは?こいつの言う事は胡散臭いな。」と思われても仕方がないでしょう。

 

ラーメンと国の話は全く種類が違うと感じるかも知れませんが、根本的には同じことを言っています。

 

やっぱり、実際に経験してみる以上の学びは無いですね。何事も「行動」ありきだと思います。

 

貴重な経験でした。

 

では、しばらく勉強に集中します。