UCLAでMBA取った銀行員のその後 

MBA取得に至るまでの記録を残しています。今はマーケティング中心に綴っています。

電動スクーターのライドシェア

卒業プロジェクトが大詰めを迎え、中間試験が迫り、別の試験も控え・・・

 

昔から短期間に同時並行で出来る事を甘く見積もる傾向があり、切羽詰まる時が良くあります。来週にかけてが一つ山場ですね。まあ、頑張ればどうにでもなると思いますが。

 

逆に長期的に無れば十分実現可能であることを、言い訳つけて放り投げる癖もあります。難しいものです。

f:id:toshihisa1527:20180204182658j:image

 

さて、先週末サンタモニカを走っていた時にレンタルバイクやセグウェイに加えて電動スクーターをたくさん見かけました。

 

今週UCLAのキャンパス周辺を歩いていたら道路のあちこちに同じ電動スクーターが置いてあったので気になって調べたところ、どうも新しいシェアリングエコノミーの差^ビスがサンタモニカを起点に始まったようです。

 

Bird - Enjoy The Ride

Bird - Enjoy The Ride

  • Bird Rides, Inc.
  • Travel
  • Free

昨年の夏休み明けからキャンパス周辺で自転車のライドシェアが始まったのに続き、シェアリングエコノミーがまた普及して来ました。

 

この電動スクーターは、スマホアプリをダウンロードすると携帯でスクーターの電子ロックを解除、乗る事ができるみたいです。

 

料金は$1の基本料金+15セント/分、結構お手頃かと思います。支払いもアプリを通じて行われるようですね。

 

こちらの人たちはスクーターやスケボーを結構使うので、良いところに目を付けたなと思いました。

 

正直ライドシェア用の自転車に乗っている人は殆ど見たこと無いですし。自転車よりもスケボーに乗る人の方が多いんじゃないかと思うほどです。

 

この電動スクーターを始めた人、元々Uberの役員だったとの事。電動スクーターのシェア、結構流行りそうです。一回乗ってみないと。

 

 

ひとつ気になるのは、乗り捨てなので民家の前やキャンパスの入り口付近にポツンと置いてあるスクーターがある事ですね。

 

日本なら「こんなところに置くと迷惑」と問題になりそうですが。こちらの人は気にしないのでしょうか?