UCLAでMBA取った銀行員のその後 

MBA取得に至るまでの記録を残しています。今はマーケティング中心に綴っています。

Fintech企業紹介 Pockit 

 5社目です。

 

Pockitというイギリスの企業です。

 

オンライン口座と謳っていますが、厳密には銀行とは違います。

 企業名:Pockit

所在地:イギリス

創業:2014年

CEO:Virraj Jatania

事業内容:プリペイドマスターカード+資金管理用アプリケーション

アプリ上で口座を開設して、そこにあらかじめ入金します。

 

別途プリペイドカードが発行されるので、決済に使ったりATMで現金を引き出したりできるというサービスです。給与の受け取りも出来るようですね。

 

普通の銀行口座と同じように使えますが、貸越は出来ません。あくまでもプリペイドカードという位置づけですので預金保険ではカバーされません。

 

海外のATMで出金したり外貨に両替したりも出来ますが、これらは有料です。

 

海外送金サービスも新たに始めたようで、ヨーロッパ各国やフィリピンに送金出ます。

 

 

企業のウェブサイト上では、イギリスでは800万人もの人が銀行口座を持っていなかったり銀行で十分なサービスが受けられない、と謳っています。イギリスの事情は詳しく分かりませんが、近隣諸国から出稼ぎにきた人たち向けのサービスなのかなと思っています。

 

1月当たり、1年当たりの利用額に上限があるので、無制限にATMで引き出したり送金したりといった事は現状できません。

 

もしも利用者の多くが海外から来た労働者なら母国への送金需要がありそうです。送金自体は手数料1£(厳密には99P)とのみ記載されています。これが本当なら非常に安く送金できることになります。何かほかに料金がかかるんじゃないかと思ってざっとサイトを見てみましたが、他に説明は無いようでした。日本から海外に送金しようとすると、金額に関わらず数千円はかかりますからね。