田舎の銀行員日記

MBA日記→ランニングとお酒の日記です。役に立ちそうなことは書きません。

ポイント練習 2020年6月3日

f:id:toshihisa1527:20200603210551j:image

 

水曜日はポイント練習です。

 

最近「脚を速くしたい」以外の欲求がなく、練習時間を作りだすことに全力を注いでいます。

 

時差出勤が推奨されているので遠慮なく1時間半早出し、定時で帰ります。

 

本日は、

 

ジョグ3.2km

T走(閾値走)4.8km(1km3'50)

400m5本(85秒、レスト90秒)

ダウン1km

 

でした。

 

4年前に買って相当使い込んだシューズで走ってみましたが、もはやクッション性を全く感じませんでしたので日常生活用にしようと思います。

 

閾値走はこれまで全くやったことなかったですが、参考にしている本にのってまして、持久力向上に良いとのことなので定期的に取り入れていく予定です。

 

5kmのタイムトライアルとかやると長く感じるので、それなりにキツい速さで長い距離を走ることに慣れる意味でも良いなと思っています。

 

平日にポイント練習を入れるのは時間的になかなか難しいですが、今後も死守していきたいです。

ランニング 5月17日 距離走

f:id:toshihisa1527:20200517213148j:image

 

今日は距離走、ハーフの距離を走りました。

ランニングフォームも良くしていきたいなと思っていて、昨日は色々と動画の解説を見ていました。

 

1つすごく分かりやすい動画があったので、それを参考に姿勢を意識しながら走ってみました。

 

結果、ペースはあまり気にしていませんでしたが平均1km4'30といつもより速いペースで走り切れました。

 

1kmごとのペースはこちら。

f:id:toshihisa1527:20200517220317p:image

 

f:id:toshihisa1527:20200517220332p:image

 

 

長距離の経験者でもなければ教えてくれる人がいるわけでもないので、1人でフォームを良くするのは難しいですし変なフォームになってしまう可能性もありますが、まあ自分の体を実験台にして色々やってみたら楽しいかなと思っています。

 

距離走の後は自分のランニングフォームを撮影してみました。YouTubeにアップロードしてURLを貼ってみましたが、これで見れるのでしょうか?

https://youtu.be/_er-YvWGprw

 

見事なまでのかかと着地、しかもなんか腕があんまり振れていないなと思うなど。

 

で、昨日見た動画の動きを何度か意識して、もう一本撮ってみました。

https://youtu.be/_mov6IkLmYE

気持ちお腹(腰)の位置を前にしているだけなんですが、これだと足の前側で着地できています。というか、前側でしか着地できない笑

 

前屈みになって倒れるんじゃないかという感覚なんですが、動画にしてみると割と普通に走ってますね。

 

ただ、かかとがつかないとかなりアキレス腱に負担があるので怪我しそうです。

普段は自然な形で走ろうと思います。そのうちフォームが変わっていたら、それでOKですね。

 

自分のフォームとか見ると色々分かって面白いので、今後も定期的に確認しようと思います。

 

次はもうちょっとちゃんと撮れるように動画の技術も鍛えます笑

 

ランニング 5月16日 ポイント練習

f:id:toshihisa1527:20200516205914j:image

 

今日は土曜日なのでポイント練習でした。

 

最近はその日の調子や気分で練習内容を決めています。今日はペース走が良いかなぁと思い、8km(1km4'00ペース)のペース走を行いました。

 

f:id:toshihisa1527:20200516210049p:image

 

こちらがアプリの記録です。

 

最初の3kmはアップで、そのあとそのままペース走に入りました。

 

今日はやや体が重く、前回同じ内容のペース走をした時より苦しかったですね。

 

とはいえ、ヘトヘトになる程でもなく、かと言って余裕でもなく、ちょうど良いペースで走れたかなと思います。

 

明日もポイント練習なので、距離走でもするかなあと考えています。

 

 

ところで、ランニングシューズの裏を見ると、両脚ともにかかとの外側が削れていました。

 

元々かかと着地なのは知っていましたが、外側だけ削れているのはなんか気になりますね。

 

明日は自分のランニングフォームを動画で撮ってみて、どんな走り方をしているのか確認してみようと思います。

 

フォアフット走法が良いという記述を見ることがよくありますが、無理して走り方を変えて怪我をするのは嫌なので、フォームを直していった結果フォアフットになっていたら、それはそれで良いのかなと思っています。

 

知り合いの方が明らかにフォアフットを意識した走り方をしていて、しかも着地の衝撃が大きそうだったので怪我をしないか心配していましたが、案の定疲労骨折していたので無理なフォーム改造はやめておこうと思いました。

 

私自身結構走り方は酷いのではないかと想像していますが、それでも今非常に良い状態なので、伸び代はまだまだあるとプラスに捉えています。

 

ランニングの練習方法もそうですが、フォームについてもちょっと勉強していこうと思います。

ランニング 5月13日 ポイント練習

f:id:toshihisa1527:20200513210556j:image

最近コロナの影響で時差出勤を続けていて、1時間半早く仕事を始めています。

 

1番早く職場に来るのに、帰るのも最後の方なので「こいつ仕事しすぎじゃないか?」とやってきてまして…

 

仕事量が多すぎるか、仕事が鬼のように遅いかのどちらかですね。

 

というわけで、今日は定時で退社しました。定時は15時45分で、電車で帰ると17時過ぎです。

 

そうです、最高のトレーニング日です。

 

本日は水曜日なのでポイント練習です。

 

これまでポイント練習は、

 

・400m×7本(79秒) レスト200mジョグ

もしくは、

・1,000m×3〜5本(3'30) レスト400mジョグ

 

をやっていました。

 

3,000mを10分未満で走りたいなと思っていまして、少しずつ強度を上げていこうと、今日は

600m×5本(120秒) レスト200mジョグ

でやってみました。

 

結果は

119秒→120→120→119→119

とギリギリ設定クリアでした。400mのインターバルとペースは変わらないのですが、呼吸や脚への負担はずっと大きかったです。

 

とりあえずクリアできたので、ここからペースを上げていくか、ペースそのままで距離を伸ばしていくか、色々試しながらやってみようかなと思います。

 

しかしいっつも悩むのですが、インターバルで当初の設定がクリアできなくなってきた時、

 

・設定タイム以内で走らなくても同じレストでやり続ける

・レストを増やして設定ペースは切れるようにする

 

このどちらがいいのかなと。

 

 

もう一つ、

・なんか影で見る自分のフォームは脚が後ろに流れている感じがする

・歩幅が大きすぎて無駄な力を使っている気がする

と言った感覚があるので、今週末動画で撮ってみようと思っています。

 

これでPythonをしっかり学んでフォームの解析ができるようになれば結構楽しいんじゃないかとワクワクしています。

 

いつできることやらって感じですが…

 

f:id:toshihisa1527:20200513212240j:image

まあ、ランも勉強もコツコツ頑張っていきましょう。

ランニング 読書

昨年まで特に練習方法とか考えずに気ままに走っていたのですが、効率よくタイムをあげたいなと思ってちょっとずつ勉強もしています。

 

フルマラソンは4〜5回しか走ったことがないのですが、何度走ってもペース配分が難しいなと感じます。

 

初マラソンはハーフを1時間35分ほどで通過しながら25km以降全く走れなくなってしまいギリギリのサブフォー

 

2回目はややゆっくりめに入って、後半失速しながらもなんとか3時間20分。

 

3回目は直前に膝を痛めて十分に練習が積めず、km 4'30で行けるところまで行く作戦を取るもやはり30km手前で歩くことになり3時間43分。

 

f:id:toshihisa1527:20200511225922p:image

自己ベストが出た4年前のマラソンは人が多すぎて5km付近までジョグのような形になるも、中盤以降はしっかりペースアップ。

 

こうして振り返ってみると、前半に飛ばしたレースはことごとく後半力尽きています。

 

冒頭紹介した小出義雄さんの本でも、前半は力を貯めて30km以降で1番早く走る、と書かれていて、たしかにそうだよなあと思いました。

 

ハーフマラソンの距離までなら最初ぶっ飛ばしても歩くことは無いですが、フルマラソンはびっくりするくらい足が動かなくなりますよね。

 

ということで近年はネガティブスプリットを意識して、前半は抑えすぎるくらい抑えて入って、30km超えても大丈夫そうだったらペースアップ、を心がけています。

 

今後コロナの影響でフルマラソンの大会が開催されるか分かりません。

 

1人でもそれなりに目標をもって取り組める3,000m〜5,000mの練習方法についても勉強しながら取り組んでいきたいと思います。